ホーム > 遅延型フードアレルギー

遅延型フードアレルギー

体調不良の意外な原因「遅発型フードアレルギー」とは?

体調不良の意外な原因「遅発型フードアレルギー」とは?

我々は健康を維持するために毎日、食事をしていますが、健康に良いと信じて選んでいた食べ物が、逆に健康を害していることが往々にしてあるのです。
最近、原因不明と考えられていた様々な病気や体調不良を引き起こすものの一つとして脚光を浴びているのが「遅発型フード(食物)アレルギー」です。これはある特定の食材を摂取してから数時間、遅い場合で数日が経過した後に症状が出現するアレルギー疾患で、よく知られているフードアレルギーとはかなり異なる特徴をもっています。

通常、我々がよく目にするフードアレルギーは、サバやエビ、ソバなどを食べた直後にじんましんや発疹、浮腫、呼吸困難などの急性症状が出現するというものです。これはいかにもアレルギーらしい症状が、食べてから短時間で出現するため、たいへん分かりやすいアレルギーということができます。これを「即時型フードアレルギー」といいます。
これに対して「遅発型フードアレルギー」は上述のように、摂取後かなり時間が経ってから症状が出現します。また症状は頭痛、不安感、うつ症状、関節痛、全身倦怠感などと、およそ「アレルギーらしくない」症状が中心のため、えてしてアレルギーとは認識しづらい、分かりにくいアレルギー疾患なのです。

遅発型フードアレルギーの原因食材

遅発型フードアレルギーの原因食材

牛乳および乳製品:遅発型フードアレルギーを引き起こす代表的な食材です。日本人の7割以上で反応を示すという報告もあります。牛乳そのものだけでなく、牛乳を用いた製品すなわちヨーグルトやチーズなどにも幅広く反応を起こします。

:牛乳と並んで遅発型フードアレルギーを起こしやすい食材です。多くの場合、卵黄および卵白の双方にアレルギーを示します。卵そのものだけに留まらず、卵を用いた加工食品などにも反応を起こします。

その他:野菜や果物、穀物、魚介類などの食品群で、実に多くの食材で遅発性フードアレルギーが起こり得るとされています。特にアレルギーとなりやすい食材としては、小麦、大豆、アスパラガス、パイナップルなどが挙げられます。

遅発型フードアレルギーの症状

消化器症状:消化不良 便秘 下痢 腹痛 吐き気 過敏性腸症候群 腹満感など

精神神経症状:頭痛 頭重感 不安神経症 抑うつ 情緒不安定 集中力低下など

皮膚症状:湿疹 アトピー性皮膚炎 にきび じんましん 肌荒れ 乾燥肌 多汗など

呼吸器系:鼻水 鼻づまり ぜんそく 慢性副鼻腔炎など

泌尿生殖器系:頻尿 尿意切迫 (小児)夜尿症 月経前症候群など

筋骨格系:筋肉痛 関節痛 関節リウマチなど

その他:不整脈 倦怠感 慢性疲労症候群 口内炎 浮腫 体重増加など

遅発型フードアレルギーの検査

遅発型フードアレルギーの検査は米国のUS BioTek社などで行なっております。検査そのものは簡単で、数mlという少量の血液を採取して発送し、2週間前後で結果が送られてきます。
検査は100種類近くの食材を対象とし、IgGの反応の強さを定量化します。これを見れば、遅発型のアレルギーを起こしている食材は何か、どのくらい強いアレルギーなのか、さらに治療によりどれだけ改善したかが、明瞭に分かるのです。

遅発型フードアレルギー検査 料金:32,500円

遅発型フードアレルギーの治療

遅発型フードアレルギーの治療
①アレルゲンの忌避
遅発型フードアレルギーの原因となる食材が判明した場合、その食材を一定期間にわたって「避ける」ことが先ずは重要です。その食材を体内に入れないことによって、アレルギー症状を抑制できるばかりか、一定期間が経過した後には、その食材に対するアレルギー反応が格段に起こりにくくなります。
アレルギー反応が強い場合には、その食材自体はもとより、その食材を用いた料理や加工食品も含め徹底して忌避することが肝要です。例えば卵にアレルギーがある場合、卵そのものはもちろん、卵を用いた料理や、卵を「つなぎ」として用いた食品を含め、幅広く忌避することが必要となってきます。

②腸内環境の改善
遅発型フードアレルギーを引き起こしやすい人体側の要因として、「腸内細菌叢」の乱れと、腸管壁からの栄養素の吸収に異常をきたす「リーキーガット症候群(LGS)」が挙げられます。
腸 管内には夥しい数の腸内細菌が生息しており、大別して乳酸菌などの「善玉菌」とウェルシュ菌などの「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌」に分類されます。健康な時は善玉菌が優位ですが、体調や免疫力が低下している時には悪玉菌が優位となり、腸内環境が悪化して様々な悪影響が現れます。
一方で腸管壁に異変が生じ、消化し切れない大きな分子の栄養素までもが吸収されてしまうのがLGSです。大き過ぎるタンパク質などの栄養素は人体にとって異物であり、抗体(IgG)を産生して排除しようとします。その結果、特定の食材に対する遅発型フードアレルギーが惹起されるのです。

遅発型フードアレルギーを改善させるポイントの一つは「腸内環境の改善」です。言い方を換えると上述の善玉菌を活性化し、腸管壁を健全なものにするような取り組みです。
具体的には、食生活の上で有害なものを排除し、野菜や果物、発酵食品などを豊富に摂取することです。また腹部を中心に体を温めることも大切です。
蒲田よしのクリニック 住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1F ホームページを見たとお伝えください。 電話番号 03-6424-7071

新着情報

一覧を見る

2017/03/01

ラドン回数券、始めました❤

 5回券・・・¥16,500 (通常より¥1,000お得!!)
 10回券・・・¥32,000(通常より¥3,000お得!!)

 疲労回復や美肌、美髪効果ありです!

 有効期限は購入から3カ月です。
 (クレジットカードもお使いいただけます。)



ネフライザーを体験してみませんか?

ラドン浴の時間のない方にオススメのネフライザー(ラドン吸入器)
短時間でラドン浴と同じ効果が得られます❤
是非お試しください!

よしのクリニック地図

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5−27−10
蒲田TKビル1F

【診療時間】
10:00~13:00
15:00~19:00

【休診日】
水曜午前・日曜・祝祭日

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ