院長の健康まめ知識

2014年4月12日 土曜日

新顔の点滴3種は「にんにく注射」出身!再評価のカギは?

(続き)・・ずい分と暖かくなってきましたね。東京では10日には23℃くらいまで気温が上昇し、5月並みの陽気となりました。上着を脱ぎたくなるような暖かさです。もっとも10日は夕方以降、急速に気温が低下し、上着なしでは出掛けられないくらい寒さが戻りました。寒冷前線が通過したことによる天候の急変だったようです。
気温の変動は大きいものの、この暖かさで桜はアッという間に葉桜となり、散ってしまいました。花見をしようとしたものの、忙しさにかまけてお花見し損なった方も多いのではないでしょうか。開花の後の寒の戻りを「花冷え」などといって、花見気分に水を差されますが、むしろ花冷えがあった方が桜の花は長持ちする傾向さえあります。

ところで今は花粉症のシーズンまっただ中で、蒲田よしのクリニックにも毎日のように、花粉症の症状に悩まされる方が訪れます。春の花粉症の主犯はスギとヒノキですが、ちょうど桜の開花を挟んでスギからヒノキという主役の交代がみられます。従ってスギ花粉のみの方は、そろそろシーズン終了が近いといえます。
ところがそう簡単にはいかないケースが多いようです。というのは、スギとヒノキは植物種が近いので抗原性も近く、スギにアレルギーをもつ方はヒノキにもアレルギーを示しやすいのです。そのためスギ花粉症で発症した方の多くは、経過とともにヒノキ花粉症にも発展してしまう場合が少なくありません。
さらには春だけでなく、ブタクサなど秋の花粉にも反応し、ひいては通年性の花粉症となってしまう方も散見されます。冬など花粉の殆んどない季節の場合には、ハウスダストやダニ、PM2.5などの環境物質が主犯となります。そうなるともはや「花粉症」という呼称は現状を反映しておらず、もっと包括的な呼び名が必要となりそうです。


さて前回は、蒲田よしのクリニックで4月から始まった新メニューに関して、簡単に説明しました。パワーアップ点滴、ビューティー点滴をより強化したのがそれぞれ「エネルギーチャージ点滴」および「プレミアム美白点滴」であり、一方でダイエットに効果的な「スーパーダイエット点滴」が新たに登場しました。さらに大好評のプラセンタの「ツボ注射」が今回、正式にメニューに載りました。
プラセンタのツボ注射を除く点滴3種は、いずれも「にんにく注射」を発展させた点滴です。にんにく注射の主成分であるビタミンB1とビタミンCを骨格としてビタミン各種を強化し、そこに抗酸化成分や美肌成分、代謝を亢進させる成分などを配合し、健康上の特徴ある効果を狙って誕生したのが各々の点滴です。

蒲田よしのクリニックでは、ビタミン各種を配合した点滴をいくつかラインナップしており、今回10種を超えましたが、大きく分けて「マイヤーズカクテル」のグループと、「にんにく注射」のグループに分けられます。「・・マイヤーズ」と名のつく点滴が3つありますが、それ以外の点滴は全て「にんにく注射」から派生したものです。
これまで、どちらかというとマイヤーズのグループの方が人気は高かったのですが、ここにきてにんにく注射のグループであるパワーアップ点滴やビューティー点滴の人気が盛り返し、点滴オーダーの半数近くを占めるようになってきました。にんにく注射はシンプルな注射ですが、その応用範囲はたいへん広いと再評価しています。

さてそのように見直されつつあるにんにく注射の仲間ですが、その価値はどのような点にあるのでしょうか。

そもそも「にんにく注射」に、ニンニクは含まれておりません。にんにく注射の主成分の一つは「ビタミンB1」です。摂取したネギやタマネギ、ニラ、ニンニクなどに含まれる硫黄の成分が、注射液に含まれるビタミンB1と結びついて、ニンニクのような匂いを感知するものとされています。
ビタミンB1は、数あるビタミンの中でもとりわけ重要な役割を果たしています。主要な作用の一つとして「糖質代謝」が挙げられます。ご飯や砂糖などの糖質を代謝しエネルギーを産生するにあたって、ビタミンB1の存在が不可欠なのです。実際にビタミンB1が欠乏すると糖質代謝に支障を来たし「脚気」という深刻な栄養障害に陥ります。
ビタミンB1を始めとするビタミン各種は、通常我々は「食物」から摂取します。ただ何らかの理由で食事からの摂取が不充分な場合やビタミンの必要量が増した場合には、食事以外の手段で余計にビタミンを補給する必要性が生じます。よく取られる方法として「サプリメント」がありますが、それ以外に「注射・点滴」という方法が存在します。

それでは食事やサプリメントに比べ、注射や点滴という方法には、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

その最大の特徴は、血管内へ直接的に注入されるため、効果が「迅速」かつ「確実」である、という点です。専門的な表現になりますが、ビタミンの「血中濃度」が著しく上昇するため、食事やサプリメントなどによる「経口摂取」に比べ、ビタミンによる様々な健康上の効果が著明に、素早く現れるのです。
例えばビタミンB1による糖質代謝亢進の作用がリアルタイムに発揮されるので、疲労回復や筋肉痛の改善、めまいの軽減などの効果が、サプリメントなどに比べてよりはっきりと感じ取ることができます。即効性という点でみると、注射や点滴は、食事やサプリメントによる摂取とは比較にならないほど確実なのです。

ここに他のビタミンB群やビタミンC,抗酸化成分や美肌成分などが加わると、その迅速な効果に「幅広さ」と「奥深さ」が加わります・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2014年4月 8日 火曜日

さらに強力な点滴が登場・・プラセンタ「ツボ注射」も!

(続き)・・1か月ぶりのブログです。皆さん大変お待たせいたしました。この間に蒲田よしのクリニックでは、新年度入りに合わせて診療の新メニューを作成する準備を進めるとともに、消費増税に伴う料金改定の準備を行なってまいりましたが、その作業が一段落したことで、ようやくブログ執筆を再開することができました。
新メニューはホームページのメニュー表にも載せましたが、新しい点滴3種類、およびプラセンタ「ツボ注射」です。この他にグルタチオン点滴を、用量に合わせて3段階に分類しました。点滴の新顔はどれも「にんにく注射」から派生した強力なものばかりです。ツボ注射も含め、詳しくは順次ご説明したいと思います。

それにしても4月になり消費税が5%から8%に上がった途端、いろいろな物の値段が上がりましたね。スーパーやホームセンターなどでは食料品や日用品が次々と値上げされ、飲食店では料理の値段が軒並み上がっています。店によっては増税分をはるかに上回る値上げを決めた所も少なくありません。
一昔前のデフレの頃ならば、物価が徐々に下がる傾向があるため、増税分を価格に転嫁するのが憚られる雰囲気がありました。それに対して近年は「アベノミクス」の効果もあり、物価がジワジワと上がる基調となっています。そこに消費税増税という一種の「追い風」が吹き、待ってましたとばかりに値上げを決行する業者が多いのです。

値上げの流れは医療も例外ではありません。医療機関に卸す薬品、注射器や針などの医療器材、サプリメントなどは漏れなく値上げされ、我々医療現場に容赦なく増税分が転嫁されてきます。もし医療機関が各種料金を据え置けば、たちまち収支に悪影響が出るのは必至です。場合によっては経営の土台が揺るぎかねません。
蒲田よしのクリニックに於いても、このところの円安や素材高などの影響で、様々なコストがジリジリ上がる状況が続いていました。そこに今回の増税による卸値の上昇が加わったため、やむなく注射やサプリメントなど自由診療部分の各種料金を値上げせざるを得ませんでした。ぜひともご理解いただきたいと願っております。


さて4月から蒲田よしのクリニックに導入された新メニューについて、簡単に説明いたします。

① エネルギーチャージ点滴
パワーアップ点滴をさらに発展させ、抗酸化作用をより強力にした点滴です。パワーアップ点滴は元々、にんにく注射に含まれるビタミンB群の種類を増やし、かつグルタチオンやアルファリポ酸といった抗酸化成分を配合したものですが、それをいっそう充実させたものがエネルギーチャージ点滴です。
ビタミンや抗酸化成分を増強することにより、疲労回復や動脈硬化予防、アレルギー緩和などの様々な効果が、よりいっそう明確に発揮されるのです。疲れが特にひどい時や、「ここ一番」という大事な時に、ぜひお勧めの点滴です。

② プレミアム美白点滴
一方こちらはビューティー点滴の美肌効果などをさらに充実させた点滴です。ビューティー点滴は元来にんにく注射に含まれるビタミンB群を強化するとともに、ビオチンやトランサミンなどの美肌成分を配合したものですが、それをより一層強力にしたのがプレミアム美白点滴です。
美肌成分やビタミン類を強化することで、皮膚細胞の新陳代謝を活発にし、肌の潤いを増し、皮膚の状態を改善する効果が大きくなります。ひどい肌荒れや乾燥肌、クスミやシミ、シワの改善などに威力を発揮します。

③ スーパーダイエット点滴
今回のメニュー更新では、新たにダイエットや痩身、メタボ対策に焦点を当てた点滴も登場しました。糖質や脂質の代謝を活発にし、痩せやすくする作用に優れた成分には幾つかありますが、その代表格の一つが「カルニチン」です。にんにく注射をベースにビタミン各種を強化し、さらにカルニチンなどの成分を配合したのがスーパーダイエット点滴です。
カルニチン以外にも、抗酸化作用と代謝亢進作用を併せ持つアルファリポ酸などを配合しているため、身体の酸化を防ぎつつダイエット効果を高めることができます。なかなか痩せられない方、中性脂肪や血糖値の高い方、あるいは糖尿病予防などの目的のために、とても有効性の高い点滴です。

④ プラセンタ「ツボ注射」
肩凝りや腰痛、頭痛、生理不順など様々な体調不良に効果のあるプラセンタを、それぞれの「ツボ」に狙い撃ちする治療法です。通常の打ち方である、肩や臀部に注射する方法に比べ、肩凝りや腰痛、頭痛など局所の症状を緩和する効果に優れているほか、生理不順や喘息、更年期障害などの全身症状が軽減する場合も少なくありません。
具体的には、肩凝りがひどい場合には肩の稜線の中央部にある「肩井(けんせい)」、或いはそのやや後方にある「肩中愈(けんちゅうゆ)」や「肩外愈(けんがいゆ)」などに注射します。一方で腰痛が辛い場合には、第5腰椎レベルの脊柱起立筋外縁付近に存在する「大腸愈(だいちょうゆ)」、或いはそのやや上方にある「腎愈(じんゆ)」や「志室(ししつ)」などに注射します。

次回からは、各々のメニューの関連情報などにつき詳述します・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

蒲田よしのクリニック 住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1F ホームページを見たとお伝えください。 電話番号 03-6424-7071