院長の健康まめ知識

2014年2月25日 火曜日

自然治癒力を高め無理なく治癒へ・・漢方薬は体に優しい治療

(続き)・・ソチオリンピックが2月23日をもって閉幕しました。今になって感じますが、あっという間に終わってしまいましたね。日本の獲得メダル数は計8個で、長野オリンピックに次いで2番目に多く、海外で開かれた冬季オリンピックの中では最多という好成績です。一時期は低迷気味だっただけに、日本チームの「復活」を印象付ける大会となったのではないでしょうか。
日本選手も含め、大会全般としては概ね「成功」だったといえそうです。開催前は準備不足やテロの危険などが指摘されていました。また当地は暖冬による雪不足で、人工降雪機をフル稼働して雪を何とか確保した模様です。実際にふたを開けてみればテロは発生せず、大きな混乱もなかった模様です。アルペン種目の一部にコースの乱れがあったものの、競技者や観戦者の評価は予想以上に悪くなかったのではないでしょうか。

これまで日本では1972年の札幌オリンピック、1998年の長野オリンピックと、これまで2度の冬季オリンピックを開催しました。その度にスキーやスケートなどのウィンタースポーツ熱が盛り上がったものですが、今世紀に入ってからは落ち込みが目立ち、スキー場の客入りが減少を続けるなど、凋落傾向に歯止めがかかっていません。
ただ今回のような冬季オリンピックの盛り上がりや日本人選手の活躍、それに様々な新種目の登場などが重なり、ウィンタースポーツが再び隆盛に向かう可能性は充分にありそうです。特に6年後には2度目の東京オリンピックの開催が決まっており、全般的なスポーツ熱の向上に乗っかる形で、スキーやスケート、スノーボード、カーリングなどに取り組む人が増えてくるのではないでしょうか。


さて今回は、蒲田よしのクリニックに於ける「漢方療法」に関して説明いたします。

薬には大きく分けて「西洋薬」と「漢方薬」があります。西洋薬には降圧剤や血糖降下剤、鎮痛解熱剤、抗生剤、抗がん剤など様々な種類がありますが、共通する特徴として、ある特定の症状を軽減する、あるいは特定の病原菌や腫瘍を殺傷する、そして大なり小なり副作用を伴いやすい、などの点が挙げられます。
これに対して漢方薬は、一つの薬剤が幅広い作用を示す、身体の自然治癒力を高める、副作用が少ない、体質によって効果に差が出る、などの特徴があります。漢方薬の種類を選ぶ際には、症状だけでなく、体質(「証」という表現をします)も考慮に入れることが重要です。すなわち体力が充実しており体温の高い場合は「実証」、体力が低下しており体温が低い場合を「虚証」、その中間を「中間証」などと分類します。

現代は特定の病原菌により罹る病気が減少し、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、喘息などのアレルギー疾患、うつ病などの精神疾患などに罹る人が急増しています。これらの病気は多くの場合、原因が一つではありません。従って特定の症状や原因に焦点を絞った西洋医療では、効果が表面的あるいは一時的、限定的である場合が多く、病気を根本から改善させる力は意外と弱いのです。また副作用の問題も無視できません。
これに対して漢方薬は、症状を緩和させる速度はややゆっくりであるものの、身体の機能や臓器のバランスを取りながら、無理なく身体の治癒力を向上させるように作用します。薬によって相違はありますが、解毒力や免疫力、代謝力を高め、ホルモンや自律神経のバランスを調整する、などの作用を示します。しかも漢方薬の多くには、重篤な副作用がありません。

それでは実際の漢方薬の処方例を見てみます。例えば我々に身近な「風邪」に関してですが、西洋医学では風邪の症状を抑えることに主眼が置かれます。即ち発熱や頭痛に対しては鎮痛解熱剤、咳に対しては鎮咳剤、痰に対しては去痰剤、という具合です。
これに対して漢方薬は症状を抑えるだけでなく、体質に合わせ抵抗力をつけることを重視します。例えば実証で高熱があり、節々の痛みがある場合は「葛根湯(かっこんとう)」が向いており、中間証で鼻水や痰、のどの痛みがある場合は「小青龍湯(しょうせいりゅうとう)」が適応となります。一方、虚証で空咳が続き、ぜんそく様の症状がある場合には「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」の処方が適切です。

次に40代から50代の女性が悩まされる「更年期障害」の場合を考えてみます。女性は更年期になると女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、それに伴い動悸や多汗、のぼせ、冷え、頭痛、肩凝り、倦怠感、めまい、不眠などの多彩な症状に見舞われます。西洋医学では症状に応じ、鎮痛剤や精神安定剤、睡眠導入剤などの薬剤投与、あるいはホルモン補充療法などが行なわれます。
一方で漢方薬の場合、ホルモン周期の調整や自律神経の安定化などを複合的に行なう様に作用します。例えば虚証で貧血気味、めまいや倦怠感が目立つ場合には「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が適切で、中間証で肩凝り、イライラ感、生理痛が強い場合には「加味逍遥散(かみしょうようさん)」が向いています。一方、実証で多汗、のぼせが強く、頭痛がある場合には「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」の良い適応です。

漢方薬は他の治療法との組み合わせも可能で、相乗効果も見込めます。例えば蒲田よしのクリニックに於いては、プラセンタ注射やラドン温浴、栄養療法、各種点滴療法などとの併用によって、優れた相乗効果が得られています。

次回は「禁煙療法」について解説します・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2014年2月22日 土曜日

蒲田よしのクリニックの診療方針:1「患者との会話の重視」2「自然治癒力を引き出す」3「患者のこだわり尊重」


(続き)・・インフルエンザや風邪、胃腸炎などがたいへん流行しています。蒲田よしのクリニックにも連日のように、のどの痛みや咳、発熱などの風邪症状、吐き気や腹痛などの胃腸炎症状を訴えて来院される方が後を絶ちません。
インフルエンザは例年、寒さが峠を越した今頃がピークとなります。厚労省の週毎の統計では、2月初めにピークを迎えた後は患者数が少し減ったといいますが、医療現場ではまだまだ多いというのが実感です。

38℃以上の高熱がある方に対しては「インフルエンザ迅速検査」を行ないます。これは細い麺棒で鼻水を少量採取し、溶液に浸してインフルエンザ抗体と反応させる検査であり、約10分で結果が判明します。
統計は取っていませんが、蒲田よしのクリニックでは検査をした高熱患者のうち約半数くらいが「インフルエンザ陽性」と判定されています。すなわち高熱があればインフルエンザかというと、そうとは限らないのです。

高熱が出るかどうかはウイルスの種類とともに、本人の体質や体力などにより左右されます。インフルエンザも含め、高熱が出た方の方がむしろ回復が早い傾向が見てとれます。微熱か平熱止まりで咳や鼻水などが続く風の方が、かえって長引いているという印象さえあります。
風邪をひくと我々は、解熱剤を飲んで熱を下げようとしますが、風邪で熱が出るのは、身体が風邪と闘っている証拠です。解熱剤の使用には一長一短があるのです。


さて前回のブログでは、蒲田よしのクリニックに於ける診療のうち「ガン以外」の項目について、ごく簡単に紹介しました。今回からは数回にわたり、各々の項目について内容を詳しく解説いたします。

1回目の今回は、蒲田よしのクリニックとしての「診療方針」に関して説明いたします。

蒲田よしのクリニックは、以下の3つの診療方針を立てております。

1:患者様との会話を大切にし、病気や体調不良の原因と対策について患者様にとって最良の治療を一緒に導き出します。

病気や体調不良には必ず「原因」というものがあり、多くの場合、原因は一つではありません。そして原因と対策のポイントは、実は患者様ご自身が持っているのです。従って病気の診断や治療に当たっては、患者様と医師との「会話」がたいへん重要です。
例えば慢性の疲労が重なって、体調不良に陥っている方の場合を例に挙げてみましょう。ひどく疲れている原因として、働き過ぎや睡眠不足、強いストレス、食事や栄養の偏りなど様々なものが考えられます。あるいは食物アレルギーや重金属蓄積の現れかも知れません。そのように様々考えられる体調不良の原因と対策について、納得のいくまで患者様と話し合います。

2:人がもともと持っている治癒力「自然治癒力」を信頼し、薬に頼り過ぎず、体に優しい治療法を心がけています。

薬を用いると病気の症状は確実に、素早く軽減する場合が少なくありません。しかし薬は、病気の原因を解消するまでには至らない場合が多いのです。病気の治療に当たっては、辛い症状を緩和することも大切ですが、人間に元々備わっている「自然治癒力」を引き出し、病気を自然な形で改善させていくような取り組みも必要です。
例えばしつこい頭痛がある場合を考えてみます。鎮痛剤を飲めば確かに頭痛は収まりますが、多くの場合それは一時的です。半日もすれば薬の効果が切れ、また頭痛が始まります。頭痛の原因となり得るストレスや体の冷え、栄養バランスの乱れ、運動不足などへの対処を並行して行なえば、頭痛の原因そのものを抑えることが出来るのです。

3:患者様の健康に関する考えや「こだわり」を尊重し、様々な治療の選択肢を提供いたします。

今の時代、健康や医療に関する考え方は十人十色です。また一人一人、治療法や健康法に「好み」や「こだわり」を持っているものです。蒲田よしのクリニックでは、画一的な医療を患者様に一方的に押し付けるのではなく、可能な限り患者様の考えや好み、こだわりを尊重した医療を心がけています。
例えば同じ更年期障害の女性であっても、漢方薬などの薬物に信頼を寄せる方に対しては、薬物を中心とした治療方針を立て、反対に薬以外の自然な治療法を望まれる方に対しては、栄養療法やプラセンタ注射、ラドン浴などの治療法をご提案します。
治療方針を最終的に決定するのは医師ではなく、あくまで患者様なのです。

次回は「漢方療法」に関して、説明いたします・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2014年2月20日 木曜日

蒲田よしのクリニックに於ける「ガン以外」の診療内容一覧

(続き)・・連日のようにソチオリンピックの熱戦の模様が、テレビ放送やネット中継などで送られてきます。日本人選手も頑張っていますね!葛西選手などジャンプ陣、羽生選手などフィギュアスケート陣、それにノルディック複合、スノーボードなど、メダリストも次々と誕生しています。大会は終盤に入りましたが、ますます日本人選手の活躍から目が離せませんね。
オリンピック観戦の影響か、最近は寝不足気味の方が目立ちます。蒲田よしのクリニックに来られる方の中にも、目を赤くして「眠い~」という方が少なくありません。それもそのはず、試合のハイライトシーンはだいたい日付が変わった頃から始まり、午前3時頃がピークです。ソチとの時差は5時間ですので、現地では日が暮れてから多くの試合が始まり、深夜まで続いている模様です。
なぜ現地では日中ではなく、夕方から深夜にかけて試合が行なわれているのでしょうか。いくつか理由があると思いますが、一番の理由はどうやら「テレビ放映権」の問題のようです。すなわち夜に試合をすると、英国などヨーロッパでは夕方から夜にかけて、米国では朝の時間に放送されるので、視聴率が上がることになります。放送の世界は今でも欧米中心となっているのかも知れませんね。

さて前回は、このホームページの記念すべき「ブログ第1号」でした。そこではご挨拶も兼ねて、ホームページの位置付けに関して簡単にご説明しました。
今回からは数回にわたり、当ホームページに載せている診療項目などに関し、詳しく解説したいと思います。そこで今回は、診療項目に関して概要のみをお伝えし、各々の項目に関しては次回以降、順に述べさせて頂きます。

なお当ホームページには「ガン以外」の診療内容を掲載しており、ガンに関する診療については「ガン専門ホームページhttp://www.yoshino-radon.com/」に掲載しております。

1 : 一般診療および漢方療法
蒲田よしのクリニックとしての診療方針や重要視している点について述べるほか、身体に優しく副作用の少ない漢方療法に対する取り組みについて説明します。

2 : 禁煙療法
禁煙を難しくしている要素の一つはタバコへの「依存性」です。身体的な依存性を軽減するために貼り薬や内服薬を用いるほか、禁煙しやすくする「コツ」をお教えします。

3 : ラドン温浴
ラドンはガス状の放射性物質で、温かいラドンルーム内で吸入することにより、免疫力や抗酸化力、代謝の向上が得られ、様々な病気や体調不良に威力を発揮します。

4 : 各種点滴療法
点滴では人体に必要なビタミンやミネラルをたっぷりと補給します。話題のにんにく注射やマイヤーズカクテル、アルファリポ酸など各種点滴を取り揃えています。

5 : プラセンタ注射
胎盤のエキスを筋肉注射するのがプラセンタ注射です。ホルモンなどの調整作用に優れ、更年期障害や各種アレルギー、肝機能障害、肌荒れなどに幅広く効果を発揮します。

6 : 分子栄養療法
慢性疲労やうつ病などの原因の一つはビタミンやミネラルなど栄養素の不足です。血液検査によって不足している栄養素を特定し、食事の工夫などのアドバイスを致します。

7 : 遅発型フードアレルギー検査
情緒不安定や不眠など様々な体調不良の原因の一つとして遅発型フードアレルギーが注目されています。血液検査によってアレルギーの原因食材を割り出します。

8 : 毛髪重金属検査
慢性の頭痛や倦怠感などの各種症状の原因の一つに、水銀や鉛など有害重金属の蓄積が挙げられます。ごく少量の毛髪を用いて、蓄積している重金属を検査いたします。

9 : キレーション療法
蓄積している有害重金属を排出する方法はいくつかありますが、その中で最強のものはキレーション療法です。キレーションは他に動脈硬化などにも威力を発揮します。

10: 産業医カウンセリング
体調不良やメンタル不調に陥る勤労者が急増しています。勤労者や企業の担当者のために、健康問題や組織に於ける健康に関する取り組みについてご相談に応じます。

次回以降、各々について詳しく解説いたします・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2014年2月17日 月曜日

ブログ第1号です!蒲田よしのクリニックのHPは2本立てに

皆さんこんにちは!このホームページのブログ第1号をお送りします。

それにしても先週末の大雪には驚きましたね。東京でも2週連続の大雪が週末の街を襲いました。電車や飛行機など交通機関が軒並み止まってしまい、不便な思いをした方も多かったことでしょう。今回の雪は平野部ではベシャベシャの湿雪で、足元をとられて歩きにくくなり、転倒などで大けがをした方も大勢いた模様です。
東京などは雪もおおかた融け、電車もほぼ通常運転に戻りましたが、記録的な大雪となった群馬県や山梨県、長野県などでは道路が雪に閉ざされ、立ち往生している車が多数あります。避難所も設置されたそうですが、本当にたいへんな状況であり、心からお見舞い申し上げます。

先週8日および今回の2度にわたる太平洋側の大雪は、いずれも日本の南岸近くを東進する「南岸低気圧」が原因でした。この低気圧に向かって湿潤な空気が太平洋側に流れ込み、寒気が南下している場合に雪を降らせます。春先の2月から3月にかけての時ならぬ大雪の犯人は、だいたいがこの南岸低気圧です。
2週連続の大雪にうんざりしていたところ、今週またもや南岸低気圧がやって来る、という予報が出ています。さらに3月にかけて何回か来るのでは、という予想もあるそうです。今年は偏西風の蛇行とラニーニャ現象などの気象条件が重なり、南岸低気圧が発生しやすい状況になっているというのです。


さて今月の上旬に当ホームページは晴れてオープンしましたが、これは蒲田よしのクリニックの「オフィシャルホームページ」という位置付けです。蒲田よしのクリニックのホームページはこれで2本立ての体制となります。もう一つのホームページは一昨年の秋にオープンした「ガン専門ホームページhttp://www.yoshino-radon.com/」です。
2つのホームページには各々別な役割があります。ガン専門ホームページはガンの診療に関わるメニューや情報、オフィシャルホームページにはガン以外に関するメニューや情報を載せることとなります。「ガン以外」の項目は多岐に及び、生活習慣病やメンタル不調、アレルギー、デトックス、さらには美容など幅広い分野を対象とします。

これまではしばらくの間、ガン専門ホームページ1本に様々な情報を載せていました。ガンに関わる情報、すなわちラドン浴や高濃度ビタミンC点滴、免疫細胞BAK療法はもちろんのこと、ガンとは関連の薄いプラセンタ注射やマイヤーズカクテル等の各種点滴、遅発型フードアレルギー検査、毛髪重金属検査、キレーション療法などに関しても、ガン専門ホームページに載せていたのです。
今後ホームページは2本立てとなりますので、ガンに関わりの深いラドン浴や高濃度ビタミンC点滴、免疫細胞BAK療法に関しては「ガン専門ホームページ」に載せる一方、ガンとは関わりの薄いプラセンタ注射やマイヤーズカクテル等の各種点滴、遅発型フードアレルギー検査、毛髪重金属検査、キレーション療法などに関しては「オフィシャルホームページ」に載せることといたします・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

蒲田よしのクリニック 住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1F ホームページを見たとお伝えください。 電話番号 03-6424-7071