院長の健康まめ知識

2018年4月10日 火曜日

定番の点滴マイヤーズカクテル!バランスの良さが人気の秘密

吉野です。こんにちは。相変わらず寒暖の差が激しいですね。体調管理や服装選びがとても難しい、と感じています。皆さんは如何お過ごしでしょうか。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このブログの書き方を、3月の中頃から少し変えました。一つの段落の行数を減らし、また段落と段落の間に一行の空欄を挟むようにしました。そうする事によって「見やすい」ブログを目指す事にしたのです。

それまでは、一段の行数が比較的長く、また2段か3段分を一塊にして空欄を挟みませんでした。それは、長文の傾向がある私のブログを、一定の空間に収めるためには、より圧縮した方が体裁を保てる、という意識があったためです。

しかし一方で、文章が長くて読みづらい、という声が多いのも事実です。特に最近は、文章の「読みやすさ」が重視されるようになってきました。そこで内容のレベルは変えずに、少しコンパクトで読みやすい文章を目指す事にしました。


さて本文に入ります。3月14日のブログでは、いわゆる「ニンニク注射」の内容、および独特の匂いの原因に関して説明し、さらに蒲田よしのクリニックに於いて人気のある「スーパーにんにく注射」、およびその上級バージョンである「パワーアップ点滴」と「ビューティー点滴」について解説しました。

これら3種の注射・点滴は、ビタミンB群とビタミンCが主成分であり、それに疲労回復成分や美肌成分を付加する事により、素早い効果を発揮しています。
また匂いについては仮説ながら、すでに摂取したニンニクやネギなどに含まれる硫黄成分が、注射で体内に入ったビタミンB1と結びつき、特有の匂いを感じさせていると説明されています。

蒲田よしのクリニックに於いては、点滴を受ける方の3割から4割くらいが、この「ニンニク注射グループ」の中から点滴の種類を選びます。
とりわけ人気なのがパワーアップ点滴とビューティー点滴で、当初はスーパーにんにく注射から始めた方の多くも、パワーアップかビューティーのファンとして定着します。

実はこのグループに勝るとも劣らない、評価の高い点滴のグループが存在します。それは「マイヤーズカクテル」のグループです。やはり3割から4割くらいの方が、このグループの中から点滴を選択します。
マイヤーズカクテルを実施しているクリニックは意外と少ないため、驚くほど遠方から受けに来られる方も少なくありません。私のクリニックでは、最も定着率の高い点滴グループとして、存在感を示しています。

マイヤーズカクテルの「マイヤーズ」とは、創始者である医師の名前です。マイヤーズ医師は米国メリーランド州でクリニックを開業していましたが、慢性疲労など様々な体調不良や病気の方に対し、ビタミンやミネラルの点滴を行なう事でたいへん評判でした。

ところがそのマイヤーズ医師が1984年に亡くなると、困った患者さん達は代わりの医師を懸命に探しました。その中の一人にペンシルベニア州のアラン・ガビー医師がいましたが、ホリスティック医学を手掛けるガビー医師は、患者さんの話を聞いて直ぐに関心を持ち、点滴の研究に取り組みました。

ガビー医師らの研究により、現代医学のエビデンスに合わせてマイヤーズ医師の点滴を再現し、「マイヤーズカクテル」と命名しました。ガビー医師は10年あまりで1000人以上の患者に15000件にも上るマイヤーズカクテルを実施し、多くの方々を体調不良から救いました。

ガビー医師から指導を受けた全米の医師がマイヤーズカクテルの研究と普及に努め、近年では10000万人を超える医師が、日々の診療でマイヤーズカクテルを活用しています。今や自然医療の中で、定番の点滴の一つと位置付けられているのです。

日本に於いては「点滴療法研究会」が、会長の柳沢厚生医師らを中心に、啓蒙活動と普及に努めています。日本における普及はまさにこれからといった状況で、ようやく数百件のクリニックで導入されているに過ぎません。

マイヤーズカクテルの特徴の一つに、その「バランスの良さ」が挙げられます。およそ栄養はバランスが大切ですが、マイヤーズカクテルに含まれるビタミンB群の構成は、研究と改良の結果、まさに絶妙のバランスとなっているのです。一方でカルシウムとマグネシウムも含まれていますが、その比率も理想的です。

そのようなバランスの良さのため、マイヤーズカクテルを受けた方からも、「クセがなく、まろやかな点滴」とか「ソフトでバランスの良い点滴」などと評価する声が多く聞かれます。

さてそのようにバランスの良いマイヤーズカクテルですが、実際にどのような疾患や体調不良に効果を発揮するのでしょうか。
これに関しては後日ご説明しますが、驚くほど多くの疾患や体調不良を改善させる力を持っているのです・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2018年4月 6日 金曜日

乳酸菌で花粉症をブッ飛ばせ!アレルギーのカギ握る腸内環境

吉野です。こんにちは。4月に入り新年度を迎えました。新しい職場や学校で意気込んでいる方も多い事でしょうし、異動はなくとも新しい仲間を迎え、環境の変化を実感している方も少なくないかと思います。

自身も仲間も環境も、何も変わらないという方であっても、4月の新年度というのは、何かと気ぜわしい時期ではないでしょうか。今年の場合、各種の値上げなどもあり、ストレスのかかりやすい新年度入りとなっています。

3日前のニュースで「春バテ」という用語が登場していましたが、それを解説していたのが私の知り合いの医師だったので、二度も驚いてしまいました。用語としては初耳でしたが、解説を聞いて「なるほど」と合点がいきました。

以前から「夏バテ」は広く知られていますが、近年「秋バテ」という言葉も広まりつつあります。ごく簡単に言うと、夏バテは猛暑に伴う体調不良、秋バテは残暑と秋口の変わりやすい天候に伴う体調不良と言えます。それでは「春バテ」の原因は何でしょうか。

典型的な春バテには、二つの原因があるようです。一つ目は「変わりやすい天候」ですが、これは秋バテと相通じる特徴です。天候が猫の目のように変わりやすく、寒暖の差が激しい春先の気候を反映し、体調も不安定となりやすいのです。

もう一つの原因として、冒頭の様な「環境の変化」が挙げられます。就職や進学、転勤など自分自身の異動はもとより、周囲の人的な環境の変化は、心身にストレスとなりやすく、天候の変化と相まって、健康の不安定要因となりやすいのです。


さて本題に入ります。春バテとともに、相変わらず「花粉症」が大流行りとなっています。今年はスギなどの花粉の飛散開始が例年より早く、またその量もかなり多い模様です。

花粉症の治療で来院された方々に聞いても、皆さん口々に「今年は花粉が多い」とか「今年の花粉症はいつもよりひどい」などと話されます。どうやら今年は花粉症の「当たり年」だった模様です。

ところで今年の花粉症は、いつまで続くのでしょうか。例年、桜が開花する前後の時期に、スギからヒノキに花粉の「主役」が入れ替わります。スギもヒノキもアレルギーの症状は同じなので、はっきり主役が入れ替わった、という実感はないのが普通です。

確実な予想は出来ませんが、例年通り5月の連休前後までは続く、と見た方が良いでしょう。飛び始めが早かった分、飛び終わりも早いと期待したくなりますが、量がとても多いため、かなりの長期間に及ぶ恐れもあるのです。


さて3月10日のブログでは、花粉症などのアレルギーを根本から克服するためには、「腸内環境」を整える事が大切である、などとお話しました。

腸には免疫細胞の約7割が集まっており、また夥しい数の腸内細菌が棲息しています。腸内環境を維持、改善させる事が、免疫力を向上させる事などを通して、アレルギーを克服する事に直結するのです。

それでは腸内環境を改善させるためには、どのような取り組みが有効なのでしょうか。最も効果的な方法の一つとして、「乳酸菌」の活用が挙げられます。すなわち、腸内細菌を補強、活性化させる、いわば正攻法としての取り組みです。

現代の文明社会では、アレルギーに悩まされる人が明らかに増加しています。その要因の一つとして、「過剰に清潔な環境」が指摘されています。清潔な環境を求めるのが文明の一つの方向性と言えますが、それでアレルギーが増えたとすれば、皮肉な結果です。

新興国や近代以前の人類、野生動物は「清潔でない環境」に身を置いています。そこでは常に細菌などの病原体に囲まれているため、免疫力が自ずと鍛えられています。つまり免疫細胞と病原体との共存あるいは戦いの中で、生きながらえているのです。

ところが先進国の現代人は、洗剤や保存料、抗生物質などの活用により、とても清潔な環境に暮らしているため、免疫力を鍛える機会が減ってしまいました。そのため行き場を失った免疫が、体内でアレルギーという「反乱」を起こしてしまうのです。

それならば我々現代人は、野生動物や近代以前の人類を見習って、清潔でない環境に身を置くのが良いのでしょうか。しかしそれは無理な話です。我々は清潔な環境に慣れ親しんでおり、今さら不潔な環境に身を置きたいなどとは、とても思えません。

そこで活用したいのが「乳酸菌」です。乳酸菌は腸内細菌叢を構成する主要な細菌の一つであり、多様な働きをしています。その一つが免疫力の調整・強化です。乳酸菌を補強すると免疫力が強化され、風邪などに罹りにくくなり、アレルギーも緩和するのです。

それでは生きた乳酸菌を服用するのが良いのでしょうか。もちろんそれも一つの方法ですが、必ずしも生きた乳酸菌にこだわる必要はありません。乳酸菌の死に菌でも大丈夫です。

乳酸菌の補給で大切なのは、何よりその「量」です。それに関しては後日、詳しく解説します・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2018年3月30日 金曜日

宇宙放射線は体に良い!?NASA依頼の研究が拡げた波紋

吉野です。こんにちは。何と10日ぶりのブログ投稿となります。皆様お待たせしました。

この2月以来、週2回以上のブログ投稿を目指すと宣言し、実際に週2回から3回のペースで投稿してきましたが、早くも挫折したのか、などとお叱りを受けそうですね。

今回、10日も投稿の間隔が空いてしまったのは、次の二つの事情によります。

一つには、診療が総じて忙しくなってきているのに加え、企業の「社員面談」が多数入った事が挙げられます。

年末から年明けにかけてストレスチェックテストを社員に受けさせた企業が、「高ストレス」と判定された社員を対象に、医師による面談を私に次々と要請して来ました。年度末という事もあり、駆け込みで予約を入れてきた印象もあります。

忙しい診療中に、1件あたり小一時間を要する面談を行なう余裕はありません。そこで連日のように、昼休みを面談に充てるのですが、そのためブログを執筆する余裕がなくなってしまいました。

二つ目は「お花見」です。一つ目に比べればグッと砕けた理由ですが、早くも満開を迎えた桜を見に、毎朝のように早起きして桜の名所を歩いています。水曜日は上野公園、木曜日は千鳥ヶ淵、そして本日は目黒川、といった具合です。

今年は例年に比べ、開花も満開も1週間くらい早くなっています。冬の寒さと、春の記録的な暖かさのためです。早くも散り始めている場所もあり、お花見も時間との勝負です。明日の土曜日は隅田川沿いを廻ろうかと考えています。

それでも面談はピークを越え、お花見は早くも終盤です。来週からは従来通り、週2回以上のブログ投稿に戻れるかと思います。


さて本題に入ります。ラドン温浴など、微量の放射線を浴びる「低放射線ホルミシス療法」の有効性と安全性に関して、この1月以来、シリーズとしてお話してきました。

前回3月3日のブログで、低放射線ホルミシス効果は決して我々と縁遠い存在ではなく、身近に体験できる現象である事をお話し、その実例の一つとして、全国から難病患者が集まる「ラドン温泉」として有名な鳥取県の三朝温泉を取り上げました。

岡山大学の研究で、三朝町の住民は、全国平均や周辺市町村に比べ、ガンの死亡率が半分かそれ以下である、という驚くべき良好な結果が得られました。三朝町に住む方々は居ながらにして、たっぷりのホルミシス効果を享受しているのです。

そもそも低放射線ホルミシス効果を最初に提唱したのは、米国ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー博士です。それは約25年前、「宇宙放射線」の人体への影響を調べる研究などから導き出されました。

当時NASA(米国航空宇宙局)はアポロ計画を推進中で、地上の数百倍の強さともいわれる宇宙放射線の、宇宙飛行士に対する健康上の影響について調査するように、NASAからラッキー博士の研究グループに要請があったのです。

NASAからの要請を受け、ラッキー博士らは10年以上の歳月をかけて調査を続けた結果、宇宙飛行士の浴びる強い線量の放射線は、健康に有害でないばかりでなく、むしろ健康面のメリットが大きい事が判明しました。

すなわち調査対象となった宇宙飛行士は一般人と比べ、様々な病気への罹患率が低く、体調が優れているばかりでなく、体を活性酸素の害から守る「抗酸化力」が明らかに向上している事など、健康上の有用なデータが幾つも提示されたのです。

この研究成果は、各方面から驚きをもって迎えられました。当時、放射線はたとえ微量であっても有害である、すなわち放射線量に比例した健康障害が発生する、という「直線的無しきい値仮説」が正しいと考えられていたために、低線量の放射線が体に良い、などと言われても、俄かには信じられませんでした。

この仮説を立てたのは、米国の遺伝学者H.J.マラー博士です。マラー博士は、ショウジョウバエのオスへの放射線照射実験で得られたデータで、照射した放射線量と発生した染色体異常の数は直線的に比例する、という仮説を発表し、ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

この「マラー仮説」は多くの人に正しいと信じられていた影響もあり、ラッキー博士の論説は無視され、しばらくの間ほとんど顧みられないまま埋もれてしまいました。

そのラッキー博士の主張が脚光を浴びるようになったのは、ある日本人の研究者が起こした一連の行動がきっかけでした。これに関しては後日、詳しくお話します・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2018年3月20日 火曜日

同じストレスでも大きい個人差・ストレス耐性上げる秘策とは

吉野です。こんにちは。桜の開花ラッシュが始まりましたね。東京でも例年より早い開花を迎えました。今年も待ちに待った花見シーズンの到来です。

とはいえ本日20日は、冷たい雨に見舞われています。この雨は22日頃まで続きそうで、しかも2月並みの寒さです。関東などでも雪が降る可能性があるそうです。

せっかく開花した桜が、冷たい雨や時ならぬ雪のために、散ってしまうのではないかと心配してしまいますが、よほどの強風が吹かない限り、それは大丈夫なのだそうです。咲き始めは花びらがしっかりしていて、そうそう簡単に散らないためです。

むしろ寒いくらいの方が、花が長持ちして良いかもしれません。あまり暖かい日ばかりが続くと、あっという間に散ってしまいます。お花見の予定を立てていたのに、当日にはすっかり散っていた、などという話も聞きます。

一方で「花冷え」などと言って、開花した後に寒い日が続き、ブルブル震えながらお花見をした、などという話も聞きますが、多少寒い日があった方が、桜の花がいわば「冷蔵保存」されて、長い期間にわたって桜の花を楽しめる、という側面もあります。


さて3月1日のブログで、3月は人事異動などの影響もあり、うつ病などメンタル不調が発生しやすい、というお話をしました。自殺者が多い、などという物騒な統計も存在します。

降格や減給などネガティブな異動だけでなく、昇進や昇給といったポジティブな異動であっても、人によっては強いストレスとなり、うつ病などのメンタル不調を来すことが少なくありません。

そのような人事異動を含む大きな「ライフイベント」は、あらゆる人にやって来ます。それは重大なストレス要因となって人々に降りかかってきますが、それに対する感じ方や反応は、個人によって驚くほど大きな差があります。

例えば昇進・昇給で素直に喜ぶ社員もいれば、逆に責任が重くなるからと憂うつになる社員もいます。日常レベルで言えば、厳しい上司の元でグングン成長する若者もいれば、反対にストレスで参ってしまう若者もいます。

そのように現実には、同じ「ストレス源」に暴露されても、それを好機と考え、成長のバネにしてしまう人がいる一方で、大きなストレスを感じ、心身ともに衰弱してしまう人がいるのです。

そのようなストレス源に対する感じ方や反応に、大きな個人差が生じるのは、どのような理由によるのでしょうか。

よく使われる表現に「ストレス耐性」というものがあります。ストレスに対する抵抗力が大きいかどうかが、ストレスを糧にできるか、ストレスにやられてしまうかの分岐点になる、という訳です。

それでは、ストレス耐性の強いか弱いかは、どのような要因により左右されるのでしょうか。我々は社会人として生きている以上、ストレスを避ける事はできません。どうせストレスフルな環境に生きるのであれば、ストレスに強い心を持っていたいものです。

真っ先に注目されがちなのが「性格」です。ストレスに強い性格、弱い性格というものがあり、「ストレスに弱いのは性格のせいだ」などと決めつける向きもありますが、本当にそうでしょうか。

現実には、ストレスによって心身ともに衰弱していた人が、様々な工夫や取り組みによって、次第にストレス耐性を向上させた、という事例は少なくありません。持って生まれた性格も多少は影響するでしょうが、ストレス耐性を上げる事は、決して不可能ではないのです。

ストレス耐性の強弱を左右する要素には様々なものがありますが、私が最も重要と考えるものの一つに「食事と栄養」があります。

食べ物とストレス耐性に関係があるのか、と疑問に感じる方がいるかも知れませんが、日々口にしている食べ物が、私たちの体と脳を形作っているは事実です。まっとうな物を食べる事が、ストレスに強くなる王道と言えます。

それでは、どのような食事の工夫がストレスに強くなるために必要なのでしょうか。
それを説明する前に、間違った食生活によってストレス耐性を弱め、うつ病になりかかった実例をお話ししたいと思います。

それは、何と「私自身」です。後日、詳しくお話いたします・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

2018年3月16日 金曜日

水曜も終日診療開始!水曜に来院者が多い意外な理由とは?

吉野です。こんにちは。年度末となり、ますます忙しい方が多いものと思います。その影響で過労気味となり、体調を崩す方も目立ってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて本日は皆様に、蒲田よしのクリニックの「診療日の変更」について、ご案内いたします。

当院ではこれまで、水曜日の午前と日曜日、祝日が休診日でした。そのうち水曜日の午前に関して、3月14日(水)以降、診療を開始いたしました。
これで休診日は日曜日と祝日のみとなり、月曜日から土曜日まで連日、午前と午後の終日にわたり、診療を行なう事となりました。

水曜午前の診療初日となった14日には、早速「待ってました」とばかりに、新患の方がいらっしゃいました。以前から通院している方の中にも、「水曜日も午前から診療するのは、とても助かる」と言い、喜んで水曜の午前に来られた方が何人もいました。

このように水曜日の終日診療を開始した経緯には、実は「水曜日特有の事情」が関わっています。
2月24日のブログでは、「土曜日特有の事情」についてお話しましたが、それと似たような事情が、水曜日にも存在するのです。

水曜日は元々、来院者が比較的多い曜日です。木曜日あたりに比べれば、倍くらい多いと思われます。なぜ水曜日に来る人が多いのか、以前から不思議に感じていました。しかも年々その傾向が強まってきています。

そこで水曜日によく来られる方に、それとなく尋ねてみました。すると「水曜日は比較的時間がある」とか「水曜日は仕事が早く終わる」などという答えが返ってきます。
一方で、水曜日に初めて来院して来た方に、どのような経緯で蒲田よしのクリニックを選んで受診したか尋ねてみると、「他のクリニックが休診だから」とか「水曜日に診療しているクリニックをネット検索したら、このクリニックが表示された」などの回答がよく聞かれます。

つまり、水曜日は仕事が早く終わる人、或いは仕事が休みという人が比較的多く、時間を確保しやすい曜日、という事が言えます。一方で、水曜日を休診としているクリニックが比較的多い、という事も事実です。

水曜日に仕事が早く終わる、或いは仕事が休みという人が多い理由については定かでありませんが、いわゆる「ノー残業デー」が水曜日に設定されている企業が多い、という話を聞いた事があります。
水曜日はちょうど「週半ば」であり、一区切りつける意味から、仕事を早上がりする機運がありそうです。ひょっとしたら経済効果の点で、合理的な理由があるのかも知れません。

一方で、水曜日に休診としているクリニックが多いのは、しっくり来る理由が見当たりません。水曜日に受診できるクリニックを探している人が多い傾向が見えてきたため、「他のクリニックも水曜日に診療すればいいのに」などと、おせっかいなことを考えてしまいます。
ただ業界によって、特定の曜日に休みが集中している場合が少なくありません。例えば、かつての床屋さんは多くの店で月曜日が休みでしたし、クリーニング店は今でも多くが水曜日に休んでいます。医療業界にもそのような「慣習」があるのでしょうか。

さて水曜日に受診する方がジワジワ増えてきている、もう一つの理由があります。土曜日にも共通する理由ですが、それは「医療機関の検索サイト」の普及、拡大です。これに関しては後日お話します・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック | 記事URL

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
蒲田よしのクリニック 住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1F ホームページを見たとお伝えください。 電話番号 03-6424-7071