院長の健康まめ知識

2018年2月 9日 金曜日

院長の背部痛が消失!蒲田の黒湯は保温効果抜群

吉野です。こんにちは。少し日が長くなり、春が近い事を予感させますが、相変わらず寒い日は本当に寒いですね。
また北陸などで記録的な大雪となっています。大渋滞に巻き込まれた方々など、心からお見舞い申し上げます。

さて私のパソコンの調子が悪く、ブログの投稿が1週間以上も空いてしまいました。いつもの富士通のパソコンではなく、持ち運び可能なiPadも動員し、このブログを書いています。
当初私は、iPadは使い勝手が少々悪く、文章の作成には向かないのではないかという思いこみを持っていて、パソコンが不調の時には執筆を控えていました。それでもこのようにiPadを用いて文章を書いてみると、ようやく慣れてきたこともあり、意外とサラサラ書けるものだな、と感心しています。

このような事情もあることから、今後はブログの書き方を少し、というよりも思い切って、変えてみることにしました。文章の長さを短くして、その代わりに投稿頻度をグッと増やすことにするのです。
元よりブログの文章が少々長過ぎるのではないか、との問題意識はありました。周囲からも「少し長過ぎるよ」などとの指摘を何回か頂きました。

とはいえ私にも一種の「こだわり」があり、まとまった内容のブログを作成するためには、ある程度の長さが必要だとの自負がありました。とはいえ出来上がったブログを読み返すと、私自身も長過ぎると感じます。それに一つ書き上げるとヘトヘトになってしまい、投稿頻度がどうしても増やせません。
従来のブログは基本的に、大雑把に言って2部構成となっていました。前半は天候など季節の話題や世の中の動き、後半がいわば本題で健康や医療に関する情報、といった内容です。そこで先ず前半と後半を分け、しかもそれぞれを更に2分し、文章量を半分から4分の1程度と簡素化します。その分、投稿頻度を2倍から4倍に増やします。要するに文章を細分化し、こまめに投稿するという訳です。

そうすることで、より皆様に親しみ深い、より役に立つブログを提供出来るのではないかと考えております。これまでと同様に、ご期待いただければと思います。
毎回一つのテーマに絞る事になりますので、その時々のメインテーマ、最近でしたら風邪やインフルエンザとラドンに関する情報を記載する日もあれば、その他の情報を記載する日もあります。従って話のテーマに若干の拡がりが生じます。


さて今回は、ラドンと若干関連する話題となります。身体を温める事が如何に健康に良いか、身に染みて感じる経験を私自身が最近しましたので、報告したいと思います。

実は先日6日、急に背中が痛くなりました。朝の通勤途中に、左の肩甲骨より若干内側の筋肉が急に痛くなったのです。最寄り駅に向かう途中で、にわかにギクッときました。
誘因はハッキリしませんが、その日は勤務終了後にスポーツジムに行こうと思い、スポーツバッグも肩に掛けていた事が関係しているのかな、と考えました。バッグのヒモが背中に当たり、歩くのも楽ではありません。

そういう日に限って仕事が忙しく、蒲田よしのクリニックに併設のラドンルームに入る余裕はありませんでした。痛みをこらえながらの診療および作業です。やっとの思いで診療終了を迎えました。
当然の事ながら、その晩はスポーツジムどころではありません。ラドンに入ろうかと思いましたが、せっかくなので温泉に入ることにしました。そこで思い出したのが蒲田の「黒湯」です。

黒湯とは、文字通り真っ黒なお湯が特徴の温泉であり、蒲田を中心とした大田区全般に分布しています。なぜ真っ黒なお湯なのか未解明な部分もあるようですが、フミン酸やメタケイ酸、重曹などの成分がたいへん豊富で、保温効果や美肌効果などが並外れて優れています。
実はかなり以前にも黒湯の温泉に行った事はあり、結構な保温効果を実感した覚えがあります。ラドンも良いのですが、たまには温泉にも行ってみようと考え、蒲田駅西口近くにある「SPA&HOTEL和(なごみ)」へ行きました。

「なごみ」はホテル併設ということもあり、かなり小綺麗な温泉です。但しお湯は確かに真っ黒で、正真正銘の黒湯です。お湯が余りに黒いため、お湯に入れた自分の手さえも見えない程です。そしてお湯の感触は、実にトロッとしていて重量感があります。温度はちょうど良い塩梅で、いつまでも入っていたい気分になりました。
お湯から出て気がついたのですが、身体がとても温かくなりました。普通の温泉とは格の違う保温効果を実感しました。外は厳寒の空気ですが、寒さをあまり感じません。そして帰りがけに蒲田よしのクリニックに立ち寄り、「仕上げのラドン温浴」でしめました。

すると帰宅の途中で、背中の痛みが殆んど消えてしまっている事に気が付き、驚いてしまいました。ラドンの効果もさることながら、黒湯の効果も侮れない、と感じました。
今後はラドン温浴を補強する形で、黒湯にもお世話になろうかと考え、家路につきました。

皆さん、蒲田にお越しの際は、蒲田駅西口にある黒湯「なごみ」に、ぜひお立ち寄りください!

次は本題の「ラドン」に関する話題です・・(続く)

投稿者 蒲田よしのクリニック

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
蒲田よしのクリニック 住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-27-10 蒲田TKビル1F ホームページを見たとお伝えください。 電話番号 03-6424-7071